トップページ > データ復旧・復元 > データ復旧・データ移行

データ復旧・復元 データ復旧・データ移行

パソコンが起動しなくなった時、起動しなくなったパソコンのハードディスクに記録されている全データを新しいハードディスクに移行し、交換することにでパソコンが復旧する場合があります。 デスクトップパソコン、ノートパソコンを問わず、パソコンの調子が悪くなったら、早めにご相談ください。
(好評につき混雑中です。お預かりから概ね3〜4日を頂戴しております。)

【お問合せ・お申込み】ページへのリンクバナーです。

データ復旧・データ移行 サービス内容

パソコンが起動しない時の禁じ手

パソコンがセーフモードの画面から先に進まない場合や、Windowsのロゴマークを表示後、ブルーバックで再起動を繰り返してしまう場合、お客様自身で何度も再起動を試すのは、逆効果です。

強制終了を繰り返す動作で、ハードディスクはあっという間に完全に読み込み不能に陥ります。
パソコンが起動しないときは、早めに弊社にご相談ください。

パソコンが起動しないとき、再起動と強制終了を繰り返すことは、ハードディスクに致命的な障害を与えかねず、逆効果であることを説明したイメージ画像です。

起動しなくなる前の環境に完全復旧

パソコンにはデータばかりでなく、アプリケーションや、各種設定が保存されていますので、メーカーのサポートからの指示通りにリカバリー(再セットアップ)を実施してしまうと、アプリケーションや設定情報やデータが全て失われてしまいます。

弊社のハードディスク(HDD)データ復旧・移行サービスによるハードディスク交換では、起動しなくなる以前の状態にパソコンが完全復旧します。

パソコンが起動しなくなった時、メーカーサポート指示でリカバリー(再セットアップ)を行うとパソコンは起動するかもしれませんが以前ハードディスクに入っていたアプリケーション、設定情報、データが全て失われてしまうこと。逆にオータムテクノロジーのハードディスク(HDD)データ復旧・移行サービスご利用の場合は、アプリケーション、設定情報、データなどが以前の状態に完全復旧することを説明した画像です。

また、ハードディスクの空き容量が不足している場合や、パソコンの起動が異常に遅い場合もご相談ください。

ハードディスクは消耗品

当サイトでも何度もご説明している通り、ハードディスクは消耗品です。定期的にハードディスクを交換することは、パソコンに必須のメンテナンスであり、データを失わないためのメンテナンスとしては、非常に安いメンテナンスであると考えられます。

ハードディスクは消耗品であるため定期的に交換する必要があることを説明した画像です。

パソコンが起動しなくなる前に、早めにご検討ください。

データ復旧・データ移行 料金例

ノートパソコン内蔵ハードディスク40GBから120GBの新品ハードディスクに交換の上、元の環境をすべて元に戻した場合(作業予約による持込、または持込で後日返却の場合)
合 計 21,000円
(税別)
ハードディスク交換・全データ移行(正常起動するもの) 16,000円
ハードディスク代金 2.5インチATA 120GB 5400rpm 5,000円
デスクトップパソコン内蔵ハードディスク80GBから320GBの新品ハードディスクに交換の上、リカバリディスクからリカバリーを行った場合(作業予約による持込、または持込で後日返却の場合)
合 計 20,000円
(税別)
ハードディスク交換・OS再インストール 16,000円
ハードディスク代金 3.5インチSATA 320GB 7200rpm 4,000円

ページの先頭へ戻る