トップページ > データ復旧・復元 > データ復旧・復元

データ復旧・復元 データ復旧・復元

ある日突然パソコンが起動しなくなった。間違えてデータを捨て、ゴミ箱を空にしてしまった。
明日の会議で必要なデータが開けない。今まで撮りためた家族の写真が開けない。
パソコンに保存されているデータが見られなくなってしまったとき、ハードディスクに保存されている文書のデータ、写真のデータ、メールのデータなどを復旧・修復します。

ハードディスク(HDD)データ復旧・修復のイメージ画像です。

お客様が目的のデータを受け取れない場合、料金を頂かない「成功報酬制」となっており、データの容量により料金が決まる「定額制」で承っておりますので、お気軽にお問合せください。

※ゴミ箱を空にしてしまった際のデータ復旧をご希望の場合は、パソコンの操作をせずにすぐにご連絡下さい。

こんなときはご相談ください

起動しなくなったパソコンからデータを復旧・修復したい

パソコンの電源を入れてもWindowsが立ち上がらない、英語の文字のエラー表示が出て動かない、パソコンが異常な再起動を繰り返すときは、パソコンからハードディスクを取り出し、データの復旧・修復を試みることが出来ます。

パソコンの電源を入れても、エラーが起こり起動しない様子を説明したイメージ画像です。

外付けハードディスクからデータを復旧・修復したい

外付けハードディスクをパソコンに繋いでも認識しない、マイコンピューターからドライブを開こうとすると、「フォーマットしてください」と表示がされて中のデータを見ることが出来ないときは、データの復旧・修復が可能な場合があります。

外付けハードディスクに接続しても、認識しない様子を説明したイメージ画像です。

ゴミ箱に捨てて空にしてしまったデータを復旧・復元したい

パソコンに保存されていた重要なファイルを捨ててしまい、ゴミ箱を空にしてしまった場合、データは消えたのではなく、見えなくなっているだけなのでデータの復旧・復元が可能です。ただし新しいデータを作り、見えなくなっているデータの領域を上書きすると二度と復旧・修復が不可能となります。
間違えてゴミ箱を空にしてしまった場合はパソコンの操作をせずにすぐにご連絡下さい。

ごみ箱を空にしている様子を説明したイメージ画像です。

開けないフォルダやファイルのデータを復旧・修復したい

あるフォルダを開こうとするとエラーの表示が出てフォルダを開くことが出来ない、必要なデータのバックアップを取りたいが、コピーしようとするとエラーの表示が出てコピーすることが出来ない。
開けないデータがある場合でも、復旧・修復できる場合があります。

フォルダが開けない、フォルダがコピーできないといった症状を説明したイメージ画像です。

フォーマットしたハードディスクからデータを復旧・復元したい

データが入っているハードディスクをフォーマットしてしまい、ファイルを見ることが出来なくなった場合でも、データの復旧・修復が可能な場合があります。

メールのデータを復旧・復元したい

受信したメールのデータが開くことが出来なくなった、または間違えて削除してしまった場合、データの復旧・修復が可能な場合があります。

ウイルスにデータを削除された

悪質なウイルスに感染してしまった場合、データの削除やハードディスクのフォーマットを、自動で行われてしまう可能性があります。
もしウイルスに感染し、データを削除されてしまった場合でも、データの復旧・復元が可能な場合がありますのでご相談ください。

ウイルスに感染してしまい、データが攻撃され、削除・損傷してしまうといった症状を説明したイメージ画像です。

ハードディスクが故障したときのエラーメッセージ

パソコンが起動しなくなった場合、以下の様なメッセージが表示されることがあります。

  • 次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、
    Windows を起動できませんでした: \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM
  • STOP: xxxxxxxx Unknown Hard Error (xはいずれかの英数字)
  • Hard Unknown Error
  • ご迷惑をおかけしています。Windowsが正しく開始できませんでした。
  • 最近のハードウェアまたはソフトウェアの更新が原因の可能性があります。
  • Missing Operating System
  • Operating System Not Found
  • Non system disk
  • Invalid system disk
  • DISK BOOT FAILURE
  • INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTER
  • Primary Hard Disk not found. Press F1 to Continue
  • HARD DISK INSTALL FAILURE
  • Primary master hard disk fail
  • Primary slave hard disk fail
  • Hard disk(s) diagnosis fail
  • Disk error
  • SMART error
  • No boot device

論理障害と物理障害の違い

論理障害とは

ハードディスクやOSのシステムファイルの破損など、パソコンの動作上、必要なデータが壊れて起きる障害、または間違えてデータを削除してしまった・間違えてフォーマットしてしまった等の人為的障害の場合があります。

論理障害の場合は高確率でデータの復旧・復元が可能となりますが、スキャンディスクやフォーマット後のOS再インストール等を行うとデータの復旧・復元率が大幅に下がりますのでご注意下さい。

論理障害とは、OSのシステムファイルの破損や、間違えてファイルを削除してしまった等の人為的障害の場合があることを説明したイメージ画像です。

物理障害とは

ハードディスク内部の読み取り装置、モーター焼け、回路の故障など、ハードディスクの機構や機能に障害が発生している場合を物理障害と呼びます。また、パソコンを持ち運び中に落として衝撃を与えた場合に、ハードディスクの記録面に傷がつき読み取り不能になったものも物理障害に含まれます。

物理障害とは、ハードディスク内の読取装置、モーター焼け、回路の故障など、ハードディスクの機構や機能に障害が発生している場合を言うことを説明したイメージ画像です。

パソコンから繰り返しの異音がして起動しない場合、ハードディスク内部の読み取り装置が不良となり、ハードディスクが物理障害を起こしている可能性が高くなります。

重度の物理障害の場合、特別な設備・作業で修復が可能な場合もありますが、費用が非常に高価になることがあり、現実的ではありません。

(弊社ではパソコンで認識できない物理障害のハードディスクからはデータ復旧・修復は行っておりません。)

ページの先頭へ戻る