トップページ > データ復旧 対応ハードディスク一覧 > 3.5インチSCSIハードディスク データ復旧

データ復旧 対応ハードディスク一覧 3.5インチSCSIハードディスク データ復旧

主に使われている
パソコンの種類
3.5インチSCSIハードディスクは高速でデータアクセスが必要なサーバやワークステーションに搭載されていることが多く、非常に高価であったため、パソコンに搭載されていることはありません。
製造メーカー 旧Maxtor
Seagate
Hitachi
FUJITSU
ハードディスクの特徴 コネクタの形状は68ピンとSCAの2種類が代表的で、適合するものが使用されています。ラックマウント型サーバはSCA、デスクトップ型ワークステーションは68ピンが使用されています。Ultra SCSI 320規格のHDDは高速データ転送が可能で、耐久性も高い代わりに非常に高価です。
ハードディスクの形状 3.5インチSCSIハードディスクの写真です。
データ復旧の難易 データ復旧を行う際はコネクタの形状や、インターフェースが特殊であることが、障害となることがあります。SCSIの特徴として、コンピューター産業が発展途上の時期に開発された為、インターフェースの統一化が図られておらず、多くの形状のインターフェースが存在します。
ハードディスク交換
(難易度ほか)
SCSIのハードディスクが搭載されたサーバやワークステーションは、もともとハードディスクを交換することを前提として設計されているため、HDDの交換は容易です。
その他
(寿命や欠点など)
他のハードディスクに比べると長寿命、高耐久ですが、非常に高価であることと、その用途が多くの場合、サーバなどの重要機器に搭載されていることが多く、障害が発生すると影響が大きいため、RAID1構成にする必要性があります。

ページの先頭へ戻る