トップページ > データ復旧 対応ハードディスク一覧 > 2.5インチSATA(シリアルATA)ハードディスク データ復旧

データ復旧 対応ハードディスク一覧 2.5インチSATA(シリアルATA)ハードディスク データ復旧

主に使われている
パソコンの種類
2.5インチSATA(シリアルATA)ハードディスクはノートパソコンのうち2006年以降に発売された製品は殆どが2.5インチSATAのハードディスクが搭載されています。
製造メーカー Seagate
WesternDigital
Samsung
ハードディスクの特徴 従来の2.5インチIDE(ATA)よりも、2.5インチSATA(シリアルATA)のほうが高速転送を実現していますので、同じスペックのパソコンで比較すると、SATAのハードディスクを搭載している方が高速に処理できます。接続コネクタはIDEとはまったく互換性がありませんので、IDEのハードディスクが搭載されたノートパソコンには接続できません。
ハードディスクの形状 2.5インチSATA(シリアルATA)ハードディスクの写真です。
データ復旧の難易 比較的新しいパソコンでも、データ復旧のご依頼が多く、短寿命である傾向があります。また、大容量化により、記録密度が高いため耐障害性が低い傾向があります。新しい規格であるため、新しいハードディスクと言えますが、復旧率はIDEに劣ります。
ハードディスク交換
(難易度ほか)
2.5インチSATA(シリアルATA)のノートパソコンのほうが、2.5インチIDE(ATA)ハードディスクが搭載されたパソコンよりも、交換が容易です。昨今では、ハードディスクが簡単に取り外せる製品が増えました。
その他
(寿命や欠点など)
発売されて間もないパソコンの殆どがこのSATA(シリアルATA)ですのが、既にデータ復旧のご依頼も増えています。また、HDD障害発生後、急速に読み込みできなくなる傾向がありますので、常にバックアップに心がけていただき、注意して頂く必要があります。

ページの先頭へ戻る